アウェイ勝ち点1のスタート

上々!だと思う。つい先程録画しておいた開幕戦(vs名古屋)を観た。

たった1試合(されど1試合)だが、相手の名古屋の仕上がりの悪さを割り引いても3バックは安定しているように見えたし、ボール回しも「攻め」の姿勢が見えて心地いい。前田と2トップを組んだ金園の調子良さが秀でていた。サイドに開いて起点になったり、ポストになってボールを納めたりと期待できそう。今年は怪我しないでね。

トップに当てるボールもあるが、特にこのゲームで目に付いたのが、昨年は「無駄に」運動量だけあったのが、コンビネーションに磨きが掛かって「次」の動きに連動があったこと。効果的なサイドチェンジも随所に見られた。

どれ位振りだろう、ジュビロが名古屋相手に押し込んだゲーム運びをするなんて。

前半戦の戦いが楽しみだ。